とりあえず始めてみます老いじたく

ねんきん定期便をきっかけに老活してみることに

日々のよしなし事

地域差

待望の雨が、昨日の夕方からしとしと降り始めまして、今朝の鹿児島はどこかしんみりしています。 やっと、秋が来たかなーという感じです。 雨も、いつものバケツの水を撒くみたいな、どさっーという降りかたではなくて、どこまでも地味に細々と降っていてい…

そろそろ雨が降ってほしい

十月に入りましたが、日中は三十度越えで未だに夏真っ盛りの鹿児島です。 全国ニュースでは、新燃岳の噴火が話題になっていますが、鹿児島市でも桜島が、元気に噴火を続けております。 ここ数日は、大小様々な灰が舞っていて街中がなんとなく埃っぽい。 せっ…

今からできる!空き巣対策

朝テレビを見ていたら、こんな特番が組まれていました。 www.nhk.or.jp共働きの我が家、留守がちですからね、空き巣対策は大事です。この道何十年という専門家の方が、解説していました。 空き巣に入られた被害者の家だけでなく、実際に空き巣を生業にしてい…

猫なりに考えたこと

実は我が家には猫が二匹います。 いつもブログに載せている写真の猫は5歳(推定)の中年おばさん猫。 もう一匹は13歳(推定)のおばあさん猫。 こちらは、すでに尻尾も二股になって化け猫に近くなっているであろうと思われます。 あまりに猫相が悪く、写…

自転車だって凶器になります

仕事が終わって帰宅の途についた時のこと。 職場から家に帰る途中に、大学のキャンパスがあります。 時間もちょうど6時頃で、道には学生さんと思しき若者たちがたくさん歩いたり、自転車に乗ったりと、行き交っていました。 大学前だからか、歩道とはいえ割…

定年後の仕事選び

読んでみようと思って、発売日の9月25日に鹿児島市内ではかなり大きい部類の書店に行ったのですが、売ってなかった。その書店は、マックスバリューや食べ物屋さんなんかも入っていて、アップルストアもある大型商業施設にあって、時々は朗読会なども開催…

イマドキの男子服事情

2011年以来、死守してきた土曜日休日を返上しないといけなくなりそうで、「働きたくないよ〜」とごねる自分を懐柔するために、お仕事着を買いました。今のメインのバイト先は、仕事中は制服というか作業服があるので、通勤は好きな服で良かった。 なので…

忘れられた巨人

テレビを見ていたら、イギリス人作家カズオ・イシグロがノーベル文学賞を取った、というニュースが流れていました。えええっ!? びっくりです。 実はカズオ・イシグロは前から好きな作者なのです。『日の名残り』は、20代の頃に母が「面白いよー」と言っ…

なるほど残業大国日本

今日も残業してしまった。 昨日に続き二日目です。8時間労働って何? 9時5時勤務って何? それってどこの国の話? パラレルワールド? と、日々思っておられるに違いない、働く日本人の皆さんからは、何を寝言を言っておるか、とお叱りを受けそうですが、…

愛用のMacBook Airがついに寿命を迎えそう

私が使っているノートパソコンは、2011年購入のMacBook Airです。最初のMac購入は、かれこれ10年ほど前のこと。 きっかけはiphoneでした。 それまでは、安いし軽くて持ち運びに便利だからと、通話しかできないPHSだったのですが、ふと写真が撮れる携帯…

九月の反省

いつのまにか、10月になっていました。 もう今年も残すところ3ヶ月です。ところで九月の反省です。食費 39,881円 日用品 6,069円 娯楽・贅沢費 43,175円 合計 89,125円 (+20,875円)無事、予算内に収められました。 食費は目標の3万5千円は達成できま…

来月の勤務表が予想の斜め上だった件

昨日で9月の勤務が終わり、来月からの勤務表をもらいました。今までは、毎週水、木、金の週3日勤務で、時々、金曜日が仕事がなくてお休み。 という状態だったのですが、新しく人が入ったため、来月からはこんな感じで変則的になるそうです。 「週に3日、最…

ウクレレ教室 4回目

さて、前回はウクレレの持ち方と、弦の弾き方を習いました。 今回は、いよいよコードというものを弾くことになります。 このコード、聞いてて心地よく感じる音の集合、というものらしい。 で、ちゃんと経験的なだけじゃなく、理論的にもこの音とこの音とで組…

小屋が流行っているらしい

テレビを見ていたら、小屋が流行っている、という話をやっていました。www4.nhk.or.jp「小屋ねぇ〜」と家事をしながら、ちらちらとながら見をしていたのですが、定年退職後に居場所のないおじさんが自分の居場所を作るとか、在宅ワークをしながらケーキ屋さ…

爽やかな朝に、無愛想なおじさん

安藤忠雄建築 in 神戸写真は、安藤忠雄のデザインした建物です。 この作品をきっかけに、有名になったのだそうです。 北野異人館スターバックスコーヒー店のお向かいにあります。台風も無事すぎて、すっかり秋めいて爽やかな天気になりました。 今からの鹿児…

駅なのに何故、さん付け?

駅なのに何故、さん付けするのだろうと思って、しばらくしてようやく気がついた。 やっぱり、疲れがたまってきてるのかもしれない。 月曜日は、本当は法隆寺に行きたかったのですが、 「ほーりゅーじなんて、何も無いじゃん」 と、けんもほろろ。 いやいや、…

台風とともに奈良観光

いよいよ今から、奈良に向けて出発です。 台風は、ストーカーのように我々の予定旅程を追ってやって来るようです。普段なら、三連休とはいえ特にどこに出かける予定もなく、のんびりお家で引きこもって、ネットや読書に勤しむ暮らし。 台風が来るとなれば、…

うっかり間違えて、ディナーメニューしかないイタリアンレストランに

うっかり間違えて、ディナーメニューしかないイタリアンレストランに一人で入ってしまった時って、どうすれば良いのだろう。ウクレレ教室に行く前に、ちょいと腹ごしらえをしようと思って、とあるパン屋さんの二階にある、イタリア料理のお店に行ったのです…

五徳の汚れに化学の深淵を見た

五徳を洗いました。 油汚れでベトベトの五徳を洗うのは、温度の高い夏がお勧めだという番組を見たので、やってみました。 涼しくなってしまわないうちに。残念ながら、ビフォアアフターを撮影しそびれました。 洗う方につい夢中になってしまって、忘れてまし…

無い物ねだりの

小さい頃から癖っ毛で、細い上に髪の量が少なく、アジアンビューティーの代表名詞的な「緑の黒髪」とは縁遠い髪質。若い頃は大枚をはたいて、癖毛を矯正するためのアイロン工程に4時間くらいかかるストレートパーマを、定期的にかけに行ったりもしていまし…

学校の怪談

先日、小学校での思い出を書いたら、旅芸人さんからコメントをいただき、それがきっかけで昔聞いた学校の怪談話を思い出しました。旅芸人さんありがとうございます。 おかげさまで良いお題をいただきました。私の通った学校にも、登りと下りとで段数の違う階…

一生太らない歩き方〜その後 一ヶ月目

八月の西日本から九州は、暑さでふらふらの毎日でしたね。 鹿児島も、暑かった!!そんな八月も終わり、体重はなんと1kg減。 (*´∇`*)ヤッターでも、これって本当にウォーキングの成果と言えるのか? 微妙なところなのです。だいたい、ちょっと気をぬくと週…

防災頭巾と防災の日

小学校は東京の下町でした。毎年九月始めには、防災訓練がありました。 関東大震災の教訓ですね。私の通った小学校のあった町は、下町で住居が建て込んでいたにもかかわらず、奇跡的に焼け残ったと言われていました。当時の駐在さんが、地震の直後に町中を回…

蝉の歌を聴ける国

今日は、お仕事が昼前からでした。 滅多に無いことなので、空いた時間を有効活用しようと思い、更年期障害のお薬メノエイドコンビパッチを処方してもらいに、婦人科へ行って来ました。 ここの先生は、子虫の出産の時にお世話になった先生。 当時は病院勤務医…

職探し、始めなきゃ

バイト先のスタッフの一人が、「まだ噂の段階ですけどねー」と言って、近々一人職員が増えるらしい、と教えてくれました。 ここ数週間、凄く凄く忙しくて、みんな本当に大変そうなものだから、私もついつい契約に無い残業(いわゆる"サビ残"ってのですね)を、…

ウクレレ教室 2回目

はるか昔、中学校に上がったばかりの頃。 その日は、みんなわくわくしていました。 なぜなら、中学に上がって初めて習う教科のある日だったから。 それは、英語。当時は、今みたいに幼児向けの英語学習教材なんてなかったし、外国人(に見える人)なんて、東…

続・フェミニズムという呪い 女性だって男性差別をしていませんか?

もう終わってしまいましたが、5月ごろやっていた「みをつくし料理帖」というドラマ。 NHKで夕方6時からやっているドラマシリーズの一つです。www.nhk-ondemand.jp主役の黒木華のファンなので、録画して見てました。 健気で可愛らしい主人公が、彼女自身の…

フェミニズムという呪い

その昔、父方の遠縁の女性で、結婚せずに実家で暮らしていた人がいまして。 今で言う、パラサイトとかニートってやつですか。年始の挨拶に行くと、母たちと同世代なのに妙に若作りのファッションで、叔母さんと呼ぶと、「お姉さんと、呼んで」と、強要された…

花火大会 in錦江湾

昨日は鹿児島市の錦江湾花火大会でした。 ちなみに、鹿児島湾のことを地元では錦江湾と言います。 たまに、テレビやラジオの全国版で「鹿児島湾が〜」と言っているのを聞くと、それ何処???と思ってしまう。錦江湾の方がマイナーなんですけどね、不思議な…

5連休の後に、3日仕事して思ったこと

5連休という、日本の平均的職業人としては破格の長期休みを過ごした後の休み明け、予想では休みにも飽きて、別のことがしたい気持ちでいっぱいで、仕事ができることが嬉しい、まではいかなくても、新鮮な気持ちで、またお仕事ができる、はず。 でした。現実…