とりあえず初めてみます老いじたく

ねんきん定期便をきっかけに老活してみることに

紫だらけ

f:id:ohirunenomusico:20170529125855j:plain

まだ若かったころ、時々見かけた、割といい年齢のご婦人で全身紫の人。なにゆえ、あのように紫ばかり選ぶのだろう。と不思議に思っていました。

 

服や帽子だけでなく、バッグももちろんのこと、眼鏡はレンズも紫、時には白髪を紫に染めて。

おしゃれな感じで、よく似合ってた方もいましたけど。

紫を、なぜそこまで選択する?

 

だけど、最近、気づいてきたことがある。

黒がなんだか重たい、ってこと。

若い頃はね、迷ったら黒、というくらい、黒一択でも大丈夫でした。

黒にしておけば、それなりにおしゃれに見えるし、バッグや靴も合わせ易い。そして、何より汚れが目立たない。

安心だし、実用的。本当に便利な色でした。

 

でも、近頃、黒が重い。なんだか、黒を着るのに気合がいる。

歳をとって透明感を失い、シミやら黒子やらが増えて、厚みが出てきた肌の質感とか、皺とか白髪とか。

いろいろな加齢現象が、私に、黒を似合わなくしている。

 

と言って、もともと茶系は似合わないのです。

肌色のタイプで言うと、いわゆるブルーベースのウインター。白とか黒とかはっきりした色が似合う方。

 

灰色はますますくすんでしまうし、アラフィフ向けのファッション雑誌のグレーコーディネート特集のお勧めは、カシミヤとかレザーとか。高級な質感が大事、と言われてもお財布には無理がある。

 

紺色か青、は悪く無いけど、ちょっと顔色が悪く見えるみたい。もう少し、血色をよくしてくれる赤みが欲しい。

と、ここで遅ればせながら気がついた。

 

そうなんだ、青に赤みを足すと紫になるんだ、って。

だから、歳をとると紫を選びたくなるんだって。

 

聞くところによると、眼鏡のレンズに紫を入れると、肌のシミや皺が目立たなくなるそう。それに、紫には補色効果があって、色白に見せたい時には、少し紫の入ったお粉やコンシーラーを使うといいらしい。

 

実際、濃いめの紫のトップスを着ると、黒を身につけた時よりも、最近黄ばんできた肌の色が白く綺麗に見えます。

 

なるほど、それで、重くなってきた黒の代わりになってくれて、少しでもおしゃれに見える色、と選んで行くと、紫が増えていって、うっかりすると、全身紫のおばさんの誕生。となるわけです。

 

紫に罪があるわけではありません、安易に選んでしまう私が、悪いんです。

そしてある日、気がついたら、紫だらけのおかしなおばさん、になってしまうのです。何事も加減、と言うものが大事です。

 

だから、大事に使わないと、と思います。

顔まわりの一番使いたいところにポイントを絞って、他のアイテムはなるべく紫と相性の良い、紺色とかアイボリーを選ぶように。もちろん、時には重くならない程度に黒も使って。

 

歳をとってもおしゃれはしたいのです。