とりあえず初めてみます老いじたく

ねんきん定期便をきっかけに老活してみることに

住環境について、私の考えを言ってみました。

f:id:ohirunenomusico:20170522143354j:plain

中古のマンションを駅近に買って、いずれは住み替える、または賃貸に出して老後の生活費の足しにする。と言う案。

 

映画に影響されて、というのはいささか安易ではありますが、案外、実現不可能ではないかもしれないと、思い始めました。

 

折しも、九州新幹線全線開通後より、駅周辺はマンションの建築ラッシュ。

その結果、少々、供給過剰気味で、中古マンションの相場が下がっている、と言う噂も耳にします。

 

最近、中古のマンションを購入してリノベーションした、という知り合いの話も聞くし。

 

ところで今は、リフォームではなくて、リノベーション、と言うらしいですね。

その知り合いは、めっちゃ稼ぎの良いDINKSなので、建築家さんに依頼して、素敵にリノベしてもらったそうですが、今は、マンションのリノベーションも気軽にできるそうです。

 

マンションというと、どうしても水回りや台所が狭かったり、間取りが気に入らなかったり、という不安がありますが、自分の好きに変えられるのなら、悪くなさそうです。

 

思いつくと黙っていられない質なもので、早速、相方のおじさんにも言ってみました。

するとおじさんも、同僚で、最近親御さんを看取った後に、相続した築40年ほどの家を処分して、便利の良いところにマンション買った人がいるよ、と言い出しました。

同じことを考える人っているものですね。

 

さて、購入&住み替えに踏み切るとして、どの辺りがいいだろう、とおじさんと話してみます。もしもの話ですから、思いついたことを、気楽にあれこれ。

 

 やっぱり、便利の良さは絶対必要。

でも、駅の近くだと飲み屋さんなんかも多いわけで、あんまり騒がしいのはどうだろう。

年取ったら車は使わないから、駐車場はいらんかしらん。

だけど、賃貸に出すなら、駐車場付きの方がいいかな。

ところで下手な店子に貸して、揉めたりとか事故物件になったりとか、嫌だね。

 

ローン組んでも返せなくなったら、元も子もないし。

ただでさえ、おすねかじり虫達にお金がかかる時期なのに。

そこが、一番のネックです。

 

 不動産って、たくさん持っていたら「一軒くらいはいいや」、になるのかもしれないけど、一つだけ虎の子として持つのなら、心理的にも重いのは、ちょっとね。

特に、年取って心も弱くなっていると、かえって重荷になってしまうかも。

 

そういえばさ、いずれ、お一人様になったとして、そのおひとりさまの私達が、マンションの部屋の中で孤独死、とかしてたら、やっぱり事故物件になっちゃうのかな。

うっかり、火事出したり、お風呂の水溢れさせて、下の家まで水浸しにしたりとか。

ありえない話ではない。

 

土地付きの家だったら、もし、孤独死とかしてても、いざとなったら建物だけ壊して更地にして売ればいいけど、マンションだと価値が下がって、周りにも迷惑かけるんちゃう?

 

話は、どんどん膨らみます。

なにしろ、想像力はいっぱいある方なんで(^^;)

 

一方で、このまま、ここに住んでも悪くはないのです。

ご近所の関係もまあまあですし。住民は皆、古くからいる人たちばかりで、それほど、変な人もいません。

なんだかんだ言って、愛着もあります。

 

なんとなく、どっちかつかずになってきました。

 

それもあって、先日、おすねかじり虫の大きい方に、

「あんた達も家を出たし、この家もいずれは処分するかね」と言ってみたら、「いや、私ら戻って来んかもしれんけど、孫が住みたいかもしれないよ」と言いおった。

 

「私の子供達は都会暮らしより、こっちが良い、というかもしれないよ」だって。

 おまいさん、そもそもまだ相手もいないくせに。

てか、早く羽化(独り立ち)しろよ。

 

確かに世の中、どんな風に変わって行くか、誰にも予想はできないものね。

 地方だから仕事がない、なんて言わない時代になっているかもわからんし、地方に住む方がトレンドになっているかもしれないし。

 

ドローンで宅配とか安全見守り、なんてしてくれる時代になっているかもしれないし。

 やっぱり、家の処分は急がないでおくことにしよう、と思いました。

 

今からせっせと物を減らしておけば、掃除も楽だしな。

 

とりあえず、出ていくお金を減らせば、貯金もできるので、そのお金でマンションを買えるかもしれないし、てか、それだけのお金があれば、ここに住み続けるためのサービスも、買えるかもしれないわけで、やっぱり支出を減らして貯金をするのが、一番の方法なのね、という結論でした。