とりあえず初めてみます老いじたく

ねんきん定期便をきっかけに老活してみることに

都会に住むと美味しいこと 続き

f:id:ohirunenomusico:20170612134431j:plain

翌日は、上野の東京美術館にバベルの塔を見に行きました。

 

平日の午前中でしたけど、結構人が多くて、全部ゆっくり見てたらエネルギーが枯渇しそうだったので、途中はスキップしてメインのブリューゲルの絵(思ったより小さい)だけ観て、それで良し、としました。

若冲の時は平日の午前中で、入館までに3時間待ちだったそうですから、並ばずに入れただけでも、ラッキーだったのでしょう。

 

でも、一番観たかったバベルの塔の模型は、展示されてなくて、なーんだ。と言う感じ。

 

疲れたので一階のカフェで、またもや、お値段以上に美味しいコーヒーをすすりながら、買ってきた画集やムックを眺めていたら、模型の方は、隣の芸術大学に展示されていることが判明。

 

スマホのナビを案内に、根性で観に行きました。

こちらは、見物客もほとんどいなくて、写真も撮りまくり。

その上無料です。←ここ大事

 

細かいところまで作り込まれていて、とても見所がありました。

おすねかじり虫は、学生たちの

「ああ〜、もう終われな〜い(泣)」

と言う怨嗟の声が詰まっていそうな作品だ、と申しておりました。

私の中でも、一番見応えのある作品だったと、思います。

 

ところで展示会で一時、家族とはぐれてしまい、一人でぼんやりと出口に降りるエスカレータに乗っていた時のこと。

 

後ろに並んだ、上品な感じの二人連れの老婦人が、おしゃべりしているのが、聞こえてきました。

どちらもご高齢で耳が少々悪いらしく、声が大きい。

年金生活の暇つぶしに来る人たちのせいで、混雑するのは困ったものね」

とぼやいておられる。

「もちろん、私たちは暇つぶしじゃないもの」

と優越感丸出しのお二人。

 

わぁ、こう言う人いるんだ〜、と思って聞いていると、

やがて、共通の知人である誰かが、振り込め詐欺にあった話が。

 

その〇〇さんとやらは、メイドさんが「お孫さんからです」と取り次いだせいで、引っかかったのだそうです。

「(メイドさんが、)『お孫さんからの電話です』なんていうものだから、もう最初から孫だ、と思い込でて騙されちゃったんだって。困るわよね〜、そう言うの」

「ほんとね~、(メイドさんの)教育も大切よね~」

だって。

 

へぇ、そうなんですかぁ。

 

そういう、セレブ(?)の立ち話も聞けちゃうのが、東京、なのでした。