とりあえず初めてみます老いじたく

ねんきん定期便をきっかけに老活してみることに

服といえば、

f:id:ohirunenomusico:20170625150103j:plain

服といえば、そうそう、ここんとこ毎年京都に行ってます。

 

京都が好き、なわけでは全然なく、たまたま家族の用事がそっち方面で、あれこれあるもので。

 

日本史は苦手だったし、寺社仏閣にはそれほど興味がある方ではなく、京都というと、女優さんとか、作家さんとか、意識の高い女子が好む町、という先入観があって、なんとなく嫌厭していました。

 

だいたい京都の人ってイケズって言うじゃないですか。

なんか怖い、イメージで。

 

近づき難さは、相変わらずなのではありますが、京都に行くとSOUSOUの服が買えるので、最近は京都に行くのが楽しみになってます。

 

SOUSOUとの出会いは、やっぱりネット。

ちょうど、シンプルライフとか、ロハスとかそういうものに興味を持ち始めて、ネットで色々検索していた頃のこと。

 

とあるページにSOUSOUの広告が。

お店のホームページへ行って見ると、モデルさん達が楽しそうに着ているのは、ちょっと変わった服でした。

 

着物、ではないけど、普通の洋服とはまた違う、かと言って、妙に「尖ってます」感でもないデザイン。

 

でもね、その時は、若い人向きのファッションよね、って思ってました。

だって、モデルさんは、皆さん若い人たちばっかりでしたし。

(後で、知りましたが、全員お店のスタッフさんなんですよね)

 

まあ、Vネックのカットソー(ここではジバンと呼ばれている)とか、裾の長めのワイドパンツ(広形モンペという)なら普段の服に取り入れられるかしらね、くらいな感じ。

 

そろそろスリムのスキニージーンズが、辛くなって来ておりました。

 

ほっそり感を目指したいけど、楽な着心地が欲しいならストレッチ素材が嬉しい。

でも、ストレッチ素材は、場合によっては身体のラインの嬉しくない凸凹を拾ってしまう。

かと言って、しっかり素材は、立っているときはお腹のぽっこりを抑えてくれるけど、かがんだり座ったりすれば、今度は、それがお腹に食い込む。

 

だからもう、スキニージーンズは履けそうない。

けど、チビの私にゆったり系のワイドパンツは辛いものがある。

しかし、転倒も怖いお年頃だから、たとえ脚長効果が期待できるとしても、厚底サンダルは危険です。

 

一方で、スカートは私の場合、見えてしまうふくらはぎの形がいまいちだし、それにパンプスやストッキングは、今更履きたくない。

本当、服って悩みが深いです。

 

そこへ行くと、SOUSOUの服は、布の落ち感やドレープで、体型の見せたくない凸凹をうまくカバーしつつ、身体の丸みを自然に可愛く生かしてくれていました。

 

コンセプトが、日本人の体型に似合う装いを。

と言うのも好感度よし。

 

アラフィフのおばさんですけど、無地や地味な柄を選べば大丈夫かしらん?

でも、いきなりネットの情報だけで買ってしまうのは、リスクが高すぎる。

興味はあるけど、手が出ない、という状況でした。

 

そして、たまたま京都に行くこととなり、せっかくの機会だからと、思い切ってお店に行って見たのでした。

 

そしたらば、意外と、私と同じような年齢層のおばさま達が結構いらっしゃる。

 

それも、皆おしゃれ。

そしておしゃれをすごく楽しんでいらっしゃる。

 

実際に着てみると、着心地はいいし、シルエットも悪くない。

色使いや組み合わせに、楽しさが広がりそうで、すっかりはまってしまいました。

 

帰ってからも、ネットで、こつこつ買い集めては、今までの服を処分していきました。

今では、服はほとんどSOUSOUになってます。

 

SOUSOUは、基本デザインはほとんど変わらないのに、柄や、色の取り合わせで、毎シーズン新しいものが出てくる。

その度に素敵で、本当に楽しい。

 

けど、お財布には厳しい。

 

HPで紹介される服はどれも素敵で、実に悩ましい。

お金があれば、全部買いたいのに。

いやいや、ミニマリストを目指すなら、絞り込んで、厳選されたアイテムをコーディネートしなくては。

 

お財布と相談しながら、色々悩んでます。