とりあえず初めてみます老いじたく

ねんきん定期便をきっかけに老活してみることに

美容室にて 続き

f:id:ohirunenomusico:20170629205458j:plain

いつも行く美容室にて。

お世話になっているイケメンの40代店長は、業界ではなかなかに有名だそうで、美容学校の講師などもされているそうです。

 

それで、最近、美容師学校の学生に男子が増えてきたという話。

三割くらいは男子生徒だそうです。

色々な職種で男女差がなくなってきたんですね〜。

 

ところが、その男子生徒たちほとんどが、将来の勤め先として、男性専用の美容院を希望するのだ、とか。

男性専用の美容院?

そんなものあったのけ?(鹿児島弁です)

てかそれは、床屋、というのでは?

 

いやいや、床屋は理容室。

理容師と美容師は、全然違うんです。免許も、学校も違うんです。

と店長。

 

すると美容師を目指しつつ、でも、お客さんは男性が良いということ?

ちと、混乱する私。

 

そうなんすよ〜

と愚痴る店長。

美容師の方がかっこいいし、聞こえがいいからって、美容師学校にくるんですけどね。

だからって、女性のお客さんだと、会話とか扱いが面倒臭いからやだって、いうんですよ。

 

ヘぇ〜

 

だいたい、俺らの頃なんて、女の子って言えば、どうすれば仲良く会話できるか?いい感じになれるか?みたいなことを、年中考えてたもんですよ。

 

店長の愚痴は続きます。

 

女の子ってのは、やっぱ、男にとっては競争目標みたいな存在でしたからねぇ。

俺が、手に入れてやる、みたいなね。

 

それが、今の奴らは、メイクはするし、ネイルもするしで、すっかり見た目は女の子と違わない格好してるくせに、全然、ぎらぎらしてないんすよ。

格好は一緒だけど、それ以上に努力して女の子を理解しようとか、近づくための努力をしようと思わないらしくて。

女の子っぽい格好は、おしゃれだからするけど、女の子をゲットするためではないんだって。

そこまでの苦労はしたくない。

モテなくていい。

恋愛とか、振られて辛い思いをするかもしれないから、やめておく。

好きな女の子が出来なければ、アイドルの追っかけか、二次元の世界に行けばいいし。

と、こうなんですよ〜。

 憤懣やるかたない風情の店長。

へぇ〜ぇ〜と相槌を打つばかりの私。

やっぱりそういうのも少子化に関係あるんですかねぇ。

そう言えば、うちのおすねかじり虫は、どうなんだろう?

 

大学に入ったら茶髪にしよう、って思って浪人生活を耐えたんだよ〜

一度くらいは、髪染めてみたいよ〜

 

と訳のわからん理屈をこねて、ミンミン鳴くので、先日、餞別がわりに、美容院に連れてきてやったのでした。

合格祝いに、茶髪、とかチャラ男の極みのような奴でございます。

 

そしたらば、店長いわく。

ああ、昼寝さんちの虫太郎君なら大丈夫っすよ。

もう昭和の香りぷんぷんでしたから。

とのこと。

 

どういう意味なんだろう( ̄_ ̄|||)

聞きたいような、聞きたくないような。