とりあえず初めてみます老いじたく

ねんきん定期便をきっかけに老活してみることに

週に三日しか開けないカフェ

f:id:ohirunenomusico:20170624155651j:plain

週一で行く方のバイト先の近くに、住宅の一部を改装したようなカフェがあります。

イギリス風庭園が、塀の向こうに垣間見えていたりして、なかなかにおしゃれな雰囲気のお店です。

 

が、何時通っても閉まっている。

玄関の前に置かれた黒板には、金曜日から日曜日の営業とある。

土曜日と日曜日はモーニングサービスもあるそうです。

 

って、週に三日しか営業しないの???

 

何かいわくがあるのでしょうか?

普段は別のところにお勤めしていて、趣味で週末に開けるのかな?

何か、怪しい活動をしている???

見た目は穏やかな雰囲気なんですけど。

なんとなく気になっておりました。

 

今日は、たまたま仕事が早めに終わり、なのに義理がらみで、夜から勉強会という名の集まりに、出ないといけない。

毎月、月末の金曜日は、当分そう言うことになりそう。

 

月末の金曜日は、巷ではプレミアム・フライデーと呼ばれているそうですね。

ご多分に洩れず、うちの職場でも、「なにそれ、美味しいの?食べれるの?」的認識でございます。

 

勉強会が始まるまでの間、家に帰って出なおすほどの時間もなく、ついでに腹も満たしておきたかったので、物は試しと、そのカフェに行ってみることにしました。

 

店の前にはメニューを書いた黒板が。

今日はちゃんと営業しているみたいです。

木製の重々しい玄関ドアのノブをそっと回してみる。動きました。

ドアを引いて開けてみる。

静かな感じのクラシック音楽が流れています。

変な人がいたり、怪しい勧誘とかされたら一気に逃げよう、などと思いつつ、恐る恐る、中に入ってみる。

 

若くてごく普通に感じの良い女の人が、エプロンをして木製のカウンターの向こうから「いらっしゃいませ〜」。

お店の中は、全く普通のカフェ。

白い壁に濃い色の木製家具が、ヨーロッパテイストです。

 

テーブル席とカウンター席。

カウンター席には、お洒落な感じの同年輩と思しきおばさま三名が、並んで座って、おしゃべりしている。

 

レジの横に、パンやケーキを並べたガラスのショーケースがあって、好きなものを選んでも良いらしい。

 

隅っこのテーブルに座りました。

窓からは、何時も外から覗き見ていたイングリッシュガーデンが見えます。それほど広くはなく、こじんまりとしていますが、手入れが行き届いてておしゃれ。

 

夕方だったのでランチはもう終わっていて、ティータイムメニューだけでした。

ティータイムセットというのにしてみました。

写真にあげてあるのがそれです。

紅茶はアフタヌーン・ティーにしました。

ミルクティーが好きなのですが、クリームの油臭さが苦手なので、一応、牛乳にしてもらえるか確認。

このお店では、牛乳で出してもらえるみたいです。よかった。

 

さて、やってきたセット。

下の段はきゅうりのサンドイッチ。

アガサ・クリスティの小説によく出てきますね。

ひとつずつマヨネーズ味とチーズスプレッド味と、変えてあって芸がこまかい。

 

スコーンはサクサク&しっとりで、バターの香りがふわっとしてて、いかにもカロリー高そうで、それはそれは罪深き美味しさでした。

チョコレートケーキまで付いていて、かなりお腹がいっぱい。

口直しと休憩に、果物を。

 

最後に、ラズベリーソースをかけたアイスクリームが、小鉢に出てきました。いや、もうはいりません。。。。

 

たっぷりの香りの良い紅茶も満喫して、満足満腹して、全部で1,200円でした。

 

帰りがけに、あまりに美味しかったので、相方のおじさんのお土産にパンとスコーンを二個ずつ購入。

一個80円とか、学校の購買部並みのお値段じゃないですか。

。(゜o゜)!!

 

レジに、オーナーと思しき女性がいたので、ふと思いついて聞いてみました。

 

なんで、週に3日しか開けてないんですか?

 

彼女が、言うには、去年までは普通に週6日の営業だったそうです。

ところが、最近になって腰を痛めてしまい、しばらく入院が必要になり、店も一旦閉めたのだそう。

その後、お客さんの要望に応えて再開したものの、以前のように週6日の営業は、とても身体が無理。

それで、週3日だけ開けているのだそう。

 

いずれ、体調が戻ったら、週に6日になるのですか?と、期待も込めて聞いてみました。

金曜日は別の職場でバイトなので、なかなかこちらまで来ないのです。できれば、近くの職場に来る日にも開けてほしい。

 

するとオーナー曰く、もう身体もきついから、今のままで行こうと思ってます、とのこと。

週に3日くらいが、ちょうどいいみたいなんで。

他の日は、のんびり庭の手入れをしたり、料理の仕込みをしたりして過ごしてます。

仕事はしたいけど、身体に無理はしたくないので。

このくらいのペースなら、楽しみながらやっていけます。

と笑いながらおっしゃってました。

 

客としての私は、確かにがっかりしたのです。

でも、同じ働く人間としての私は、そう言う働き方も良いな、と思ったのでした。