とりあえず初めてみます老いじたく

ねんきん定期便をきっかけに老活してみることに

おじさんと退化した能力

f:id:ohirunenomusico:20170604102823j:plain

私は方向音痴です。

それもかなりの方向音痴。

どの位ひどいか、というと。

 

先日も通勤途中で、とあるコンビニに入ったのです。

暑かったので水分補給用のお茶を買い、外へ。

そして、、、、、

はい、方向を間違えて、もと来た道を戻ってました(汗)。

 

そんな私ですが、それでも独身の頃はなんとかせねば、と色々と努力して、まあまあ、まともな社会生活を送っておりました。

 

片や、相方のおじさんは、初めての土地でも、地図見て、右見て左見て、「よし、わかった。こっちだよ〜」

と、まるで地元住民のごとく的確に案内してくれます。

 

舅が旧国鉄職員だったせいか、もともと乗り鉄君であったところが、その後さらに独自の進化を遂げて、飛行機、バス、船、自動車などなど、あらゆる乗り物へのアクセスに精通している。

 

その上おじさんは、自分が興味のあることには非常にまめな性格。

 

なのでいざ旅行、となると、私は

「ご飯は美味しいところがいいな〜」とか

「お部屋は眺めの良いところね〜」

「お風呂は個室でゆったり入りた〜い」

などと、好き勝手なことを言っているだけで、パソコンの前に陣取ったおじさんが、はいはいと、望みの旅行プランを立てて、かつ手配&予約もしてくれるのです。

 

はい、それはもう、便利でございます。

 

さらに、旅行中にハプニングがあって、

乗り換えに間に合わな〜いとか、

お土産買うの忘れた〜などという場合にも、

「こっちの路線で乗り継げば、間に合うから」とか

「今からなら、この先にちょっとした商店街があるよ」と、臨機応変、懇切丁寧。

まるで私設ツアー・コンダクター。

 

そんなわけで、相方のおじさんと一緒になって以来、私はどこへ行くにもおじさんの後を、唯々、カルガモの雛のごとく、金魚のフンのごとく、くっついていけば良かったのでした。

 

しかしながら、そのような気楽でかつ快適な環境に、ぬくぬくと甘やかされ、その上、ここ数年の引きこもりに近い生活のせいで、すっかり、一人で移動する、という能力の退化してしまった私。

 

先日の実家への帰省を一人でして、しみじみと思い知らされました。

思えば、もう十年近く、独りで実家に戻ってなかった。

いつもおじさんが、チケットを手配し、荷造りから運搬までしてくれていたのです。

 

おじさんに感謝こそすれ文句なんて、とんでもない話です。

 

でも、我ながら、もともと大して恵まれているとは言い難かった能力が、さらに衰えて痕跡すらなくなっていることには、危機感を覚えたのは確かです。

 

この先、いつもいつもおじさんが、便利に動いてくれる、という保証はありません。

そもそも、おじさんのこの卓越した能力は、あくまで日本国内限定。

残念ながら日本語以外の言語は、雑音にしか聞こえないおじさんです。

 

いずれは外国旅行などもしてみたいな、と思っているのに、おじさんに頼りきりでは、いかにも危険です。

 

ここは一つ、リハビリも兼ねて、旅行の練習をしておかないといけない。

 

密かに、そう思うのでした。