とりあえず初めてみます老いじたく

ねんきん定期便をきっかけに老活してみることに

遺品整理屋は見た!〜を読んで

f:id:ohirunenomusico:20170618132609j:plain

なんとも身につまされる内容でした。

特に、孤独死の話。

最期は自宅がいい、とは言え、孤独死はまた別です。

死んでから長期間経ってしまうと。夏場なんかはちょっと。

 

そういうのが、苦手な方は読まない方が良いと思います。

 

所詮、人間だって生き物ですから、言ってみればナマモノな訳で。

 

やっぱり、マンションなどは匂いが出てくると、近所に迷惑をかけるし、場合によっては資産価値も下がってしまうらしいですね。

事故物件ということで。

今は、ちゃんと告知しておかないといけないらしいので、知りたくなくてもそういうことは教えてくれる。

 

私は霊感とか全くないたちなので、多分知らなければ、安寧に暮らせると思うのです。

でも知ってしまえば、そう言う曰くのあるお部屋だ、と思って暮らすのは、さすがに精神衛生上良くなさそうです。

だから、もし、自分が住み替え用として中古のマンションを探すとしても、やっぱり申し訳ないけど、そういう部屋は買わないかな。

 

そう思うと、マンションを終の住処にするのは、ちょっと考えものです。何かしらの、対策を練っておかないと。

 

まあ私の場合、今ところは、相方のおじさんがおりますから、心配なのは私よりも、独り暮らしの母親や、おすねかじり虫たち。

 

ところで母親は、近所にラジオ体操仲間がおりまして、本当にラジオ体操でしか顔を合わせないお付き合いながら、もし連絡なしに毎朝のラジオ体操を欠席したら、安否確認のためにお互いの家を訪問する、という取り決めになっているそうです。

 

でもするのは、最初の一報を、警察か民生員さんに入れるところまで。

それ以上のこと、例えば親族に連絡する等々のことは、そこまで親しいわけでもないのに、お互いの負担になるかもしれないので、お願いしない。

都会っ子らしく、そこはドライです。

 

案外、ちゃんと考えているんですね。今時のお年寄りって。

母の家の目立つところには、私と妹の連絡先が大きく書いて、貼ってあります。

 

私も、母の家に滞在するときは、頑張って早起きして、一緒に体操に行き、挨拶を欠かさないようにしています。

 

だから、実は心配なのは、おすねかじり虫たちの方かな。

まあ若いので、よっぽ事件に巻き込まれる、などの異常事態でないと、そもそも孤独死自体なさそう。

 

ところで、たとえ同居していたとしても、たまたま同居人が旅行に行っていたとか、別々に寝起きしていて気がつかない、などということがないわけではありません。

 

現実に相方のおじさんの田舎で、そういうことが起きたことがあります。

 

そのお宅では、後継の長男さんがすでに亡くなっていて、お姑さんとお嫁さんとお孫さんとで、暮らしていたそうです。

田舎ゆえ家も広くて、お姑さんの方は廊下で繋がった別棟に寝起きしていました。

お嫁さんはフルタイムの仕事を持っており、お孫さんは高校生。

普段は夕食の時だけ、家族が顔をあわせる生活。

お互いのペースで、仲良く暮らしていたそうです。

 

が、たまたま、ちょっとしたことがきっかけで、お姑さんとお嫁さんが言い合いになり、翌日以降、お姑さんが食事に来なくなった。

お姑さんはもともと気も強く、とてもしっかりした人で、今までもそうやって、意地を張って、しばらく出て来ないことがあったそうです。そういうときは、別棟にある簡単な台所で自分の分の食事は作っていたらしい。

 

そして二、三日もすると、一人きりの食事が寂しくなって、なんとなく食事にまた出て来るようになり、一件落着、という経過。

時には、お孫さんが間に入って仲を取り持ったり。

 

それで、お嫁さんもお孫さんも、当初はあまり心配していなかったそうです。

が、さすがに、出て来ない状態が一週間になり、不安になったお孫さんが、別棟に行ってみると、、、。

 

検視の結果、喧嘩をした晩か、翌朝あたりに亡くなっていた。らしい。

 

お葬式でのお嫁さんの落ち込み様が、本当に可哀想だったし、口さがない親戚が、あれこれいうのが気の毒だった、とおじさんが言ってました。

 

幸か不幸か、我が家も母の家もスペース的に、その様な自体は起きようがありません。

狭すぎて。

 

とはいえ、老後におひとりさまとなったとして、いざ、”事”が起きたときは、速やかに関係者各方面に連絡がいって、然るべき手続きやら、処遇やらを取り計らってもらえるように、対策だけは念頭に置いておいたほうがいいだろうな、と思うのでした。