とりあえず初めてみます老いじたく

ねんきん定期便をきっかけに老活してみることに

仕事がない ( ̄ロ ̄lll) 

f:id:ohirunenomusico:20170707123809j:plain

今日は、一日お家に引きこもりでした。

理由は、仕事がないから、です。

 

いつも行くバイト先の勤務表に、今日の私の予定が書かれていなかったので、そうじゃないか、と内心思ってはいたのでした。

昨日、仕事が終わって帰りがけに、「あのぉ、明日の予定は〜?」

と聞いてみたら、案の定

「明日は仕事がないので、お休みしてくださーい」とのこと。

「もし緊急で入ったら、改めて連絡しますので〜」だそうです。

あ〜あ、やっぱり (">ω<)っ

日雇いなので、一日お仕事がないと収入に響く。

正直痛い。

 

気分はもう、どこかの貧しい国の日雇い労働者です。

「今日は仕事ないよ」

と言われて、肩を落としてしょんぼりと、所在無く道端に座ってるおじさんたちの気持ちが、よくわかる。

 

まあ、こればっかりは誰のせいでもないので、仕方がないのです。

お仕事は波があって、猫の手だろうが、虫子の手だろうが、なんでも良いから借りたい!!という時もあれば、こうして、職場の正規スタッフだけで回せちゃう時もあるのです。

 

仕事につきものの、色々な煩わしいことには、極力携わらなくていいし、職場のスタッフも雰囲気も良くて、働きやすい職場なのです。

(ついでに、お支払いも他所よりちょっと良い)

でも、たまにこう言うことも起こる。

お気楽なバイト生活にも、落とし穴、と言うか、デメリットはあるわけです。

 

最初は、一時しのぎに始めたこの生活ですが、意外と気に入ってて、このまま仕送りが一段落するまでは、続けられたら良いなぁ、と思っているのですが、こうやって突然に、仕事が減ってしまうとなると、やっぱり考え直さないと、いけないかも知れません。

 

ともあれ、無いものは無いので、無い物ねだりをしても仕方がありませんから、気を取り直して、せっかくの降って湧いた休日を、有意義に過ごそう。

と思いはしたのですが、何をしたいのか、これと言って思いつかない。

 

とりあえず、朝はじっくり朝寝を楽しもう、と思ったけど、やっぱり起きてしまう。

もう年だな〜。

仕方がないので、普段よりは念入りに掃除でもするか、と思ったのですが、朝からじめじめと雨模様で、なんとなく拭き掃除という気にもなれず。

昼過ぎになって雨は上がったけど、今度は容赦なく照りつける太陽に、暑くて、唯一エアコンのある居間から、もう一歩も出たくない。

 

結局、有り余るほどの時間ができたら、いつかしよう、と思っていたことをしてしまいました。

そういう意味では、有意義な一日だったか?

 

そして、有り余るほどの時間ができたらしたかったこと。

それは、漫画の一気読み。

そうです、引きこもりのオタク虫でございます。

 

Kindleって本当に便利ですね、クリックひとつで漫画が、好きなだけその場で読めます。

本屋さんに行かなくて良いし、積み上がった漫画本が場所を取ることもない。

 

本当は、もっと優先してやることがあるんじゃないの?

整理整頓とか、断捨離とか?

勉強とか、読書とか?

という良心の咎めを、感じないわけではなかったのですが、

ええぃ、良いのさ、本来なら働いているはずだった一日さ、

ぽっかり空いたのだし、なんでも好きなことして過ごすんだいっ。

と、もう半分やけになってきて。

 

夕方、少し涼しくなったので、気を取り直して、散歩がてら猫の餌を買いに近所へ。

ついでに、最近ちょっとサボりがちだった玄関とトイレの掃除も。

お仕事運が回ってきますように。

風水的には、玄関の掃除が大事なんでしたっけ?

 

という、残念な一日でした。

まあ、降る日もあれば晴れる日もある、って言いますものね。