とりあえず初めてみます老いじたく

ねんきん定期便をきっかけに老活してみることに

介護生活の伏兵は「通販」だった〜雑誌の記事から

f:id:ohirunenomusico:20170724081532j:plain

 

ふと見つけた雑誌の記事。

認知症のお母さんの介護経験を、記事にされているようです。

 

離れて独り暮らしをする親がいるので、つい、読んでしまう。

著者のお母さんは、認知症という自覚がないままに、色々と問題行動を起こします。

 

今回、著者が苦労したのは通販。

サプリや健康食品や化粧品。

定期購入の契約をしては、そのことを忘れてしまう。

届いたものは使うわけでもなく、家のどこかにしまいこんで、これまた忘れてしまう。

家族が気づいて解約しても、テレビの通販番組を見ては、また契約してしまう。

そして、それを忘れる。

 

忘れているので、反省することがないし、いちいちその度に家族と揉めることになる。

そうしてお互いの信頼関係が揺らぐ。

家族の心の余裕とか、優しい気持ちとか、介護するにあたって必要なものがすり減っていく。

本人だって、覚えのないことで子供から叱られて、いい気持ちはしないし、自分の認知機能への漠然とした不安が拭えなくなる。

やがて、それが自信喪失、意欲減退に繋がる。

ますます、認知機能が衰えていく。

 

その間も、支払いは口座引き落としだから、発覚が遅れればいつのまにか、お金がどんどん減っている。

 

これって、地味に怖い話です。

 

うちの母親は、サプリ系のものは好きではないし、通販自体をあまり利用しないので、大丈夫?かな。

でもこの間、楽天で旅行の手配をしてチケットを購入したら、ちょうどキャンペーン中だったとかで、ポイントが意外とついて、得した〜、と喜んでいたっけ。

でも、その後、楽天で買い物をしている気配はないし。

 

本当に危ないのは、実は私かもしれない。

通販大好き。

日用品はほとんどネット。

このほど、いつも買っているウイルキンソン炭酸は、アマゾンの定期便の契約をしました。

その方が、単価が少しでも安いもので。 

ワンクリックで、契約成立、です。

 

服だって、ネット。

ちょっと疲れたな、とかイライラすることがあると、ついPCを立ち上げてネットショップを覗いてしまう。

お手軽な気分転換です。

ついでに、ポチッ、としてしまうことだってあります。

 

サプリも全然抵抗ありません。

2年くらい前から、腸活関係のサプリメントも続けている。

効果のほどはわからないけど、いいような気がする。

それだけの理由で続けてます。

時々、もうやめようかな、と思うけど。

 

このまま、歳を重ねて認知症になっていった時、もしかすると、我が家の納戸には、怪しげな健康食品とかサプリメント、化粧品の品々が密かに堆積することになるかもしれません。

 

そうなったら、今、爪に火を灯す思いで(自己気分比)貯めている老後資金や、払っている年金が、どんどん、通販業者に流れてしまいます。

 

未来の私、しっかりしておくれ〜

 

こちらの介護記事は八月上旬くらいに刊行される予定らしい。

本になったら、是非読みたいと思いました。