とりあえず始めてみます老いじたく

ねんきん定期便をきっかけに老活してみることに

成人式


もはや餅猫と化しております。


夜更けには雪になるかもよ、と脅された昨夜の雨でしたが、南国特有の詰めの甘さで、あっさりと上がり、今日は良いお天気でございます。

鹿児島市は今日が成人式。
高校卒業後は就職やら進学やらで、県外に出る子も多いので早めにやるらしい。
人材流出県ゆえの配慮、という奴ですね。
羽目を外してのどんちゃん騒ぎ、翌日になってもその後に響かないよう余裕を見て三連休の初日、というこの優しさ、でございます。
それとも前日から羽目を外しすぎて当日の出席者が激変しないよう、という現実的な配慮か?
昨今では、ハワイ旅行の当たるくじ引きなどを餌に参加者を集めるようで、主催する行政側も大変です。

子虫は案の定、昨日は小学校の同窓会とやらで、明け方まで遊び呆けておりまして、開会式の時間もとうに過ぎてからようよう起きてきて、バタバタと着替えて出てゆきました。

やっぱ、行くんかい !?(・_・;?

直前までスマホ弄ってたから、多分、友達と集まったあとは、式には出席せずにどこぞに遊びに行くのでしょう。

スーツは買わなかったので、いとこのお兄ちゃんのおさがりのジャケットを着て、おとんにネクタイを結んで貰い、

急がなくっちゃ、舞踏会に遅れちゃうっっ、、、

的なノリで出ていきました。

ニュース沙汰になるようなことなく、無事帰ってくることを祈ろう。
送って行った相方のおじさんもその後、いつまでも帰ってこなかったので、いつになく静かな休日の午後。

結局、子虫は家事手伝いなど全然しませんでしたので、溜まった家事を片付けつつ、先週の今頃は、餅つきをしながら美味しく飲んだくれてたなぁ、などと去年を懐かしく思い出している。

たった一週間前なのに、もうすでに去年、というところが、単に言葉の上のことなのに、随分前のことのように感じられて、なんだか不思議。

言葉といえば、先日、NHKの『日本人のお名前』という番組で、”予祝”という言葉について知りました。
あらかじめ祝っておくことで、この先の平和と幸せを願うのだそう。
不思議な感覚ですが、日本人独特なのだとか。

ふーん。

成人式も、これから大人になる若者のこれからを予祝しておく式なのかもしれません。
幸い、今日は久しぶりに良い天気にも恵まれたし。
成人式に出席(しないのもいるけど)する若者たちの未来が、そこそこ平穏ありますように。