とりあえず初めてみます老いじたく

ねんきん定期便をきっかけに老活してみることに

パイレーツ・オブ・カリビアン観てきました〜

f:id:ohirunenomusico:20170709165659j:plain

 

今日は珍しく相方のおじさんがいて、じゃあ、家でゴロゴロしてるのもなんだから、と街に出て映画を見てきました。

 

パイレーツ・オブ・カリビアン

 

昔々、おすねかじり虫たちが、まだ小さな小虫だった頃は、忙しくて忙しくて、週末にDVDを借りてきて家族で見るのが、唯一の娯楽、みたいな時期がありましたっけ。

 

その頃によく見てた映画です。

多分、全作見たんじゃないかな?

ディズニー映画なので、子供と見てもあまり心配なシーンもないし、胸湧き踊るシーンは盛りだくさん、お笑いシーンも入ってるし。

テーマも、家族、信頼、仲間、と少年ジャンプみたい。

結末の後味も悪くない。

 

この度はもう子虫達はいませんが、懐かしさもあって、こちらを選択。

いつもの俳優さんたちが、おなじみの役柄で、もうほんとにジャック・スパロウ御一行様、的な雰囲気がいいですね。

悪役はなんとあのハビエル様。

呪いのせいで顔が一部取れちゃってましたけど。

若布みたいに髪の毛揺らして不気味なサラザール船長を、怪演されてました。

また、ノーカントリー、見直さなくちゃ。

 

お約束の気が強そうな新ヒロインも、いい感じでした。

今回ヒーロー役のイケメン君は、オーランド・ブルームの本当の息子さんと言っても通るくらい、オーリーによく似てて、格好良かった。

 

オーランド・ブルームといえば、指輪物語で「あの素敵なエルフの王子様はだれ?」みたいな感じでブレイクした後は、作品が進むにつれてセリフが少なくなって、映像担当みたいな扱いになっていくので、俳優としての先が危ぶまれたものでしたが、しっかりパイレーツ・オブ・カリビアンで主役を務め、今回も、いい感じに年取ってました。

そんな風に見てしまうのも、シリーズ物の良いところかもしれません。

 

一方で、ジョニデはちょっと見せ場が少なかったような気も。

脇役の個性が豊かすぎて、ちょっと食われてましたね。

 

個人的には、ヒロインと海賊のおじさんたちの、WHOREネタの意味とり違えやりとりシーン、が面白かったです。

若くて可愛い女の子が、紛らわしく聞こえる事を言って、おじさんたちがどぎまぎする、というお約束のお笑いなのですが、ちゃんと笑えたので、こつこつ英語勉強してて良かったぁ、と嬉しかったりして。

ここ、翻訳の人も大変だったろうな。

吹き替え版ではどうなっているのでしょう。

やっぱりDVDも見てしまいそう。

 

他にも、吉本劇場風というか、ドリフターズ風のわかりやすいお笑いシーンが盛りだくさん。

その辺が、やっぱりディズニーですね。

 

ところで皆さんは、エンドロールは最後まで見る派、ですか?

それとも、途中で立ってしまう派?

 

私はどんなにつまらなかった映画でも、最後まで見る派、です。

 

途中で立つと、他の席の人の迷惑になりそう、というのもありますが、延々と並ぶエンドロールの名前の列に、映画を一つ作るためにはどれだけの人が関わるのだろう、と思うと、なんだか最後までお付き合いしないと、いけないような気がしてしまうから。

 

それに、あの名前の一つ一つに、それぞれの人生があるのだろうな、と思うと、やっぱり立てない。

日本人かな、と思う名前があると、アメリカで頑張ってね、と応援したい気持ちになります。

 

最近は、イスラム風の名前とか、nが二つ繋がっている苗字とか(アフリカ出身?)があると、どんな人たちなのだろう?どんな経緯でアメリカで仕事をしているのかな?ひょっとして難民の人かな、などと思ったり。

 

エンドロールを真面目に見ていると、面白いこともあります。

今回は、某有名ミュージシャンが、ちょい役で出てましたね。

エンドロールの名前を見るまで、全然気がつきませんでした。

 

それに、終わりの方には、次回の予告シーンも入ってますよ。

やっぱり、最後までちゃんと見て欲しいのでしょうね、映画作る人たちも。